マイページ

861件のひとこと日記があります。

<< Bigger Picture が初G1制覇... ひとこと日記一覧 Zarak 遂にG1をGet!... >>

2017/07/02 23:23

Windstoss が独ダービー優勝

ネタ元のURL: https://www.german-racing.com/gr/renntage/rennen.php?id=1289418
------
 今週末より、7月に入りました。7/2(日)は、独 ハンブルグ競馬場[Hamburg Rennbahn]で、G1がありました。独3歳馬の頂点を決する

独ダービー(独G1)[IDEE Deutsches Derby](芝2400m/3歳牡牝)

です。頭数は 18頭。馬場状態は weich(重)でした。

 今年は、日本産馬2頭

・ウォーリングステイツ[Warring States](17バイエルンクラシック(独G3)優勝 / ハクサンムーンの半弟)[有力単勝2番人気]
プロミスオブピース[Promise of Peace](1勝 / キングカメハメハ × ピースオブワールド)

が出走しました。

 レースは、最初のゴール板通過までで モンレアル[Monreal](1勝)が先頭に立つも、1・2角に入る間に Promise of Peaceがハナを奪う。

 道中は、Promise of Peaceが直後の サルガス[Sargas](17独LT2着)に2・3馬身差を付けて、逃げる。

 一方のWarring Statesは、好位置の内5番手付近で折り合って進む。

 全体は、先頭〜最後方まで 約8馬身程の一塊で進む。4角で、Promise of Peaceが一気にスパートを敢行する。

 直線の叩き合いは、Warring Statesは手応えを失い失速するが、Promise of Peaceは、懸命に粘る。

 しかし、それを残り300m付近で 外から ウインドストース[Windstoss](17ウニオンレネン(独G2)2着)、内から エンジョイヴィジャイ[Enjoy Vijay](17バイエルンクラシック(独G3)2着) が伸びを見せる。

 最後は Windstossが勝利を収めました。

 2着は、エンジョイヴィジャイ[Enjoy Vijay](17バイエルンクラシック(独G3)2着)。3着は、ローゼンパパ[Rosenpurpur](1勝)。

 日本産馬2頭は、Promise of Peaceが大健闘の5着。Warring Statesは、まさかの最下位18着に大敗しました。

 勝ち時計は 2:41.52s。

 勝った Windstossは 牡3歳。G1は初勝利。

 騎乗は マキシム ペシュール[Maxim Pecheur]騎手。管理は マーカス クルー[Markus Klug]調教師。

 血統は 父:Shirocco、母:Wellenspiel (母父:Sternkonig)。
----------------
【追記1】
 ネタ元URLは、当レースの公式結果表[German Racingより]です。

【追記2】
 勝った Windstossの血統表も有ります。

●血統表URL: http://www.pedigreequery.com/windstoss3 [Pedigree Queryより]

【追記3】
 Race Videoもあります。以下のURLよりご覧ください。

●Race VideoのURL: https://www.youtube.com/watch?v=mblESu4yGCw [German Racingより/Full]

お気に入り一括登録
  • Warring States
  • バイエル
  • ハクサンムーン
  • プロミス
  • Promise of Peace
  • キングカメハメハ
  • ピースオブワールド
  • ウインドストース
  • エンジョイ
  • ヴィジャイ
  • ローゼ
  • シュール
  • マーカス
  • Sternkonig
  • Video

いいね! ファイト!