スマートフォン版へ

マイページ

8件のひとこと日記があります。

<< シャルさんと父アローの想い出〔2〕... ひとこと日記一覧 シャルさんと父アローの想い出〔4〕... >>

2019/08/10 16:29

シャルさんと父アローの想い出〔3〕

レースは3コーナー過ぎから動いた。
それまで好位に付けていたアローは逃げる馬を捕えるべく進出開始。
今でも通用しそうな素晴らしい加速。
あっという間に逃げ馬の直後に取りついたアローは、そのまま4コーナーを回る。
直線に向くや否や余裕十分のまま先頭に踊り出る。

一方のタニノムーティエ。まだ中団。
徐々に詰めるが先頭に立ったアローからは6馬身の差。
まだノーステッキのアローにとって完全なセーフティリードだ、
・・・と私には思えた。

ステッキが入ったアローは更に加速。
直線坂下、二番手以下の馬を一気に突き放す。
「勝った!」そう思った。

しかし次の瞬間、追い込んでくるムーティエに気づいた。
彼の脚は、まるで1頭だけ異なる空間を走っているかのようだった。
ゴール寸前、彼はアローを捕えた。

まさに一瞬の逆転劇。完敗だった。

特に競馬に興味も無かったはずなのに、私はなぜか強烈なショックを感じた。
これ以後、私はこの時負けたアローエクスプレスという
1頭のサラブレットに心酔していくことになる。

自分も病気で同級生との「戦い」に敗れていた気分もあってか、
その想いはより強烈なものになり、
彼は、言わば「恩人」として、私の心の支えとなっていった。

この年4歳(現3歳)クラシックは、スプリングステークス終了後、
西のタニノムーティエ、東のアローエクスプレスの一騎打ちムードで大いに盛り上がった。 

しかし、その後のダービーまでのムーティエアローの戦いは、
ムーティエの圧勝に終わる。
唯一アロームーティエに勝利したのはNHK杯のみ。
肝心の皐月賞、ダービーはアローにとっては不本意な結果となる。

振り返ってみると、
アローらしさを誇示できたのは4歳春シーズン迄の期間だけである。
当初から抱えていた脚部不安が4歳秋以降は更に悪化、
十分な調教も行えない上に、菊花賞、有馬記念など、
血統的に不得意な距離での戦いを強いられたからである。

アローは、4コーナーで一瞬見せ場を作るも、
最後の直線では脚が上がり、もがきながら馬群に沈んでいった。
                                    〔4〕へ続く

お気に入り一括登録
  • アロー
  • タニノムーティエ
  • リード
  • ムーティエ
  • アローエクスプレス
  • ブレット

いいね! ファイト!

  • こつぶっこさんがいいね!と言っています。

    2019/09/03 19:55 ブロック

  • KM☆さんがいいね!と言っています。

    2019/08/25 23:24 ブロック

  • エリーさんがいいね!と言っています。

    2019/08/16 18:12 ブロック

  • sevenさんがいいね!と言っています。

    2019/08/11 04:11 ブロック

  • ディープがいちばん☆さんがいいね!と言っています。

    2019/08/10 22:55 ブロック

  • モスコミュールさんがいいね!と言っています。

    2019/08/10 22:53 ブロック

  • (株)こな&バチ男さんがいいね!と言っています。

    2019/08/10 22:21 ブロック

  • 緑野さん

    AT対決、目の前で観ているかのようにその迫力が伝わってきます。
    うま好き爺さん、リアルタイムで観る事が出来て幸せでしたね。

    2019/08/10 16:53 ブロック

  • 緑野さんがいいね!と言っています。

    2019/08/10 16:46 ブロック