スマートフォン版へ

マイページ

プロフィール

Jazzcatさん

ニックネーム:Jazzcat

性別: 男性 年齢:非公開 地域: 非公開

15 44 71
競馬プロフィール
競馬歴
1年〜5年
競馬スタイル
馬券派
予想スタイル
馬券検討
データ
自己紹介

京都記念→クリンチャー単勝的中。
年始からの悪夢は覚め、再び強い気持ちで中央競馬に臨む週末。

好きな券種:単複、枠連、ワイド1〜3点勝負。
苦手な券種:三連系
得意なコース:京都芝短距離、中京・新潟芝全般、中山ダート短距離
苦手なコース:府中ダート全般、札幌・函館全般
好きな騎手:豊、デムーロ、ルメール、ノリ、田辺、松山、中谷、武藤、森
嫌いな騎手:騎乗技術と馬質がかけ離れた騎手、直線ですぐ諦める騎手

あいさつ

    Jazzcatさんのひとこと日記

    2018/02/21 19:53

    採点競技と得点・着順競技

    連日、平昌オリンピックが放映されている。
    ひときわ注目されているのは、やはり男女フィギュア。
    羽生結弦が高得点で金メダル。
    女子は上位二名が抜きん出ているが、日本勢も健闘している。
    が、正直に書くとフィギュアはそこまで興味を持てない。
    それはフィギュアが「採点競技」だからだ。

    技の難易度や演技全体の美しさを審査員が採点する。
    審査員は選び抜かれたプロだし、エコヒイキなどまずしないだろう。
    だが、美麗さ、華麗さという数値化できない物に得点・順位を付ける事に抵抗を感じる。
    私は音楽が好きだが、ビートルズが100点、レッド・ツェッペリンが95点みたいな考え方など勿論しない。
    美術品それぞれに値段が付いている事も抵抗がある。

    それとは逆に、野球やサッカーなどの得点競技、陸上や競馬などの着順競技は、これはもう明白。
    1点でも多く取れば、1秒でも早くゴールすれば勝ち。
    自分の中では、スポーツとしてはこちらの方がしっくりくる。

    採点競技は割り切れない結果を割り切る。
    得点・着順競技は元から割り切れた結果。
    ほんの少しの差でストライクかボールに。ハナ差で一着か二着に。
    そこに割り切れない瞬間があるから熱く感じる。

    ※採点競技を馬鹿にしているわけでは決して無いので、あしからず(^_^)v

    お気に入り一括登録
    • ビートル
    • ツェッペリン

    いいね! ファイト!

    • ダートラッシングさん

      私も同じですね。性格的なものもあるんでしょう(笑)逆に見れば採点競技をやっている人を尊敬しますね。私には到底無理ですから。

      2018/02/21 21:05 ブロック

    • ダートラッシングさんがいいね!と言っています。

      2018/02/21 21:04 ブロック

    • Luさんがいいね!と言っています。

      2018/02/21 20:14 ブロック


    メモリアルホース

    お気に入り馬(35)

    競馬データベースからお気に入り馬を見つけて登録してみよう!

    競馬コミュニティ