スマートフォン版へ

マイページ

884件のひとこと日記があります。

<< 2018凱旋門賞登録馬公開 (3歳牡馬)(1)... ひとこと日記一覧 2018凱旋門賞登録馬公開 (牝馬全体)... >>

2018/05/11 01:31

2018凱旋門賞登録馬公開 (3歳牡馬)(2)

(→続く)

Wootton (牡3)18フォンテンブロー賞(仏G3)優勝 3戦無敗
Zucchini (牡3)1勝
Gendarme (牡3)17ホープフルS(日G1)2着
Raymond Tusk (牡3)1戦無敗
Flag Of Honour(牡3)17アイルフィールドS(愛G3)優勝
Hunting Horn (牡3)18bet365クラシックTR(英G3)3着
Kenya (牡3)17キレイヴァンS(愛G3)優勝
Nelson (牡3)17愛チャンピオンジュヴェナイルS(愛G3)優勝
Amedeo Modigliani(牡3)1勝
Roaring Lion (牡3)17レーシングポストT(英G1)2着
Emperator (牡3)1戦無敗
Beat Generation(牡3)0勝
Rostropovich (牡3)17愛ナショナルS(愛G1)3着
Hush Writer (牡3)0勝
Solesili (牡3)1勝

【付記】
 日本調教馬の登録は、ジャンダルム[Cadenas]。

 また、他(それ以上)の注目は、父:ディープインパクト[Deep Impact]の2頭。

サクソンウォリアー[Saxon Warrior]18英2000ギニー(英G1)等G1 2勝/4戦無敗
スタディオブマン [Study Of Man] 18グレフュール賞(仏G2)優勝/3戦2勝

どちらも、自分の調教国のダービー出走登録があり、恐らく最有力候補の公算が高い存在。

 上記2頭を破る馬が現れるかが、この世代の代表馬の趨勢を決めると思います。


 あと、この区分で、マニアックな1頭を書きます。それは、最後から2頭目の

ハッシュライター[Hush Writer](牡3)0勝

です。実は、日本産 仏調教馬。父:ルーラーシップ[Rulership]。先月デビュー戦を1戦(2着)消化したばかりの馬です。

お気に入り一括登録
  • Wootton
  • ルフィー
  • Kenya
  • Amedeo Modigliani
  • Roaring Lion
  • Rostropovich
  • Hush Writer
  • ジャンダルム
  • サクソンウォリアー
  • スタディオブマン
  • ルーラーシップ
  • Ruler

いいね! ファイト!