スマートフォン版へ

マイページ

289件のひとこと日記があります。

<< 昨日のグッチーに優しい言葉や、励まし... ひとこと日記一覧 昨日の京王杯SC、私の穴馬はオメガベンデ... >>

2015/05/16 10:48

馬の可能性

「 成せばなる、成さねばならぬ何事も 」
こんな名セリフを残した方が、かつていました。( これをご存じの方、なかなか年長さんですね、笑 )

時としてお馬は、人の浅知恵をあざ笑うかのように変身を見せてくれます。
このお馬、サーチエネミー君もその1頭です。

2005年にクラブ馬としてデビューし2008年まで走り、地方2勝を合わせ、27戦4勝。
未勝利を勝てずに、地方へ一時移籍して再ファンド馬として中央へ復帰。
準オープンまでは上がりましたが、その後が鳴かず飛ばず。
ついには障害までいきました、が、屈腱炎を発症し引退となってしまいました。

ちなみに、サーチエネミーという名はクラブでデビューする時に、出資会員さんから募集して付けられた名前でした。
その名を考え応募して採用された会員さんが、ずっと彼の行く先を心配し見守り、そして引き取りを決意したことで、
サーチ君の馬生は大きく変わったのでした。

引退馬協会の会員でもあったKさんは、協会代表さんに相談し、まだ若いサーチ君を御隠居さんにするのはちょっと可哀相ということで、
ある年齢までは、のんびり乗馬のお仕事をしながらクラブで過ごす事となりました。
サポートする会もでき、とりあえずサーチ君のこれからの準備はできたのでした。
そこで、一番大きな問題になったのがサーチ君の気性でした。
じつは競走馬時代、かなりの問題馬だったのです。
馬場入り拒否にパドックでの大暴れ、気分が乗らないとレース放棄。
再ファンドで行った地方ではあっさりと2勝したくらいなので、力はあったと思うのですが、何せこの気性。
いろんな矯正馬具を使ってやっと走っていた現役時代を考えると、人の指示に従わなくてはならない乗馬・・・・・ウ〜〜〜ン心配。

それが、乗馬練習を始めた時から、先生も驚くほど素直で従順。
協会代表もKさんも、誰もかれもみんなビックリ、ビックリ!!
それから何の問題もなく乗用馬として成長し、今では競技会にもデビューして入賞リボンをゲットするほどになったのです。
それも、ドレッサージュという、フィギュアースケートのように美しく正確な動きを要求される極めて高度な種目です。
あれだけパドックで、2人引きの厩務員さんを振り回していたサーチ君が、乗り手の指示にしっかり反応し、馬の美しさを表現できるなんて
正直、想定外でした。

適材適所、お馬もそうなのだとつくづく思います。
お馬は機械でも道具でもない、自分の感情を持った生き物なのだと再確認させてくれたサーチ君でした。

上の画像は、たくさんの矯正具をつけられて走っていた頃。(真ん中がサーチ君です)
下は、競技会デビューした時の、ジェントルマン・サーチです。

お気に入り一括登録
  • サーチエネミー
  • サージュ
  • ジェントルマン

いいね! ファイト!

  • エドリンさん

    でぃらろーしぇさん、いいね!とコメント有り難うございます。

    サーチの変化は、沢山の事を教えてくれました。
    癖馬なんていないんですよね。
    自分が望むと望まざるとに関わらず、お馬の道は決められてしまいます。
    嫌だと言えないお馬に出来る事は、人に反抗することだけです。

    サーチが今、楽しんで乗馬のお仕事しているのは、周りが自分の気持ちを大事にしてくれているのを理解しているからだと思います。

    優しくされたら優しくなれる、ですよね。

    2015/05/17 18:33 ブロック

  • でぃらろーしぇさん

    エドリンさん、サーチくんのアップありがとうございます!とても、とても嬉しいです。彼の適性もあったとは思いますが、前へ進むことを教えられてきた彼に、乗馬での教育は止まること、人とコミュニケーションを取りながら共に歩むこと(もちろん競馬だってそうですがヽ(^。^)ノ)だったと思います。彼は私に「変わろうと思えば変われるんだよ!」という事を教えてくれました。サーチくんは沢山の勇気を私にくれます(^o^)

    2015/05/17 16:23 ブロック

  • でぃらろーしぇさんがいいね!と言っています。

    2015/05/17 16:16 ブロック

  • エドリンさん

    馬のきもちさん、コメント有り難うございます。

    現役時代のサーチを考えると、その変化に目を見張る思いでした。

    今のサーチは、人が集まっている場に、自由人としてフリーにしていても何の心配もありません。

    前の日記にワンコと高齢の女性と一緒にいる写真を載せましたが、あれがサーチ君です。

    自分が安心できる場所にいる、それが彼本来の素直で優しい姿を見せてくれているのだと思います。

    2015/05/16 21:06 ブロック

  • エドリンさん

    コータローさん、いいね!とコメント有り難うございます。

    私もサーチの変化を知った時、彼はきっと競う事が嫌いだったんだろうなぁと思いました。

    人もお馬も、元気な内はお仕事があった方が楽しいですよね。
    特に人は、仕事はしんどいけど、その後の一杯がね・・・・(爆)

    サーチ君には一杯はありませんが、お仕事のあとにしてもらうお手入れが至福の時のようです(笑)。

    2015/05/16 20:57 ブロック

  • 馬のきもちさん

    このお話を聞いた後で、強制具をつけて(無理やり)走っているサーチ君の写真を見るととても可哀そうです。
    きっと走ることが好きではなかったんだろうなぁ、って思うとうるうる。。。

    サーチ君回り道をしたけど、助けてくれる人に出会い、天職に出会ってほんとうによかった。
    サーチ君てほんとうはとても素直な仔だったんですね。
    これからもずっと元気でいてくださいo(^-^)o

    2015/05/16 20:44 ブロック

  • コータローさん

    サーチ君も乗馬になった時、「あっ、これ天職かも..」と思ったりしたかもしれませんね。&#128516;人も馬も、何かしら仕事があって、生きていければ幸せですね。(あと私目、ビールが1杯あれば尚良)&#9786;

    2015/05/16 20:35 ブロック

  • コータローさんがいいね!と言っています。

    2015/05/16 20:26 ブロック

  • エドリンさん

    SAKU☆39☆さん、いいね!とコメントありがとうございます。

    お馬の場合は、適性云々より、まずは競走馬にするというのが前提ですからね。
    関わる方もお馬も大変だと思います。
    それでも、早いうちに個性を見つけて貰って転職できるお馬は幸せです。

    ちなみにテイオー産駒は乗馬、障害もドレッサージュも得意な仔が多いです(ドヤ顔)。

    2015/05/16 13:31 ブロック

  • SAKU☆39☆さんがいいね!と言っています。

    2015/05/16 13:15 ブロック

1  2  次へ